血圧正常値

血圧正常値

血圧正常値についてですが、3段階あります。

  収縮期血圧 拡張期血圧
至適血圧 <120      かつ <80
正常血圧 <130      かつ <85
正常血圧高値 130〜139   または 85〜89

至適血圧とは理想的な血圧 の値のことです。
正常血圧高値とは高血圧予備軍の値です。
高血圧は140以上90以上なのでその一歩手前ということになります。

 

この段階で血圧を下げるための生活改善などを始めましょう。 
血圧の値は診察室の血圧と家庭血圧では違う場合があります。
常に家庭血圧を測って普段の血圧値を知っておくことが大事です。

 

降圧目標は

  若年者・中高年 高齢者
診察室血圧 130/85未満 140/90未満
家庭血圧 125/80未満 135/85未満

家庭血圧値は診察室血圧よりもリラックスしているので低い値を目標としています。
未満とはその数字は入りません。130/85未満とは129/84の事です。
メタボリックがあったり、糖尿病、心血管病・腎臓病などがあると脳心血管リスクが
高くなります。すると正常高値血圧でも中リスク、高リスクとなりますので高血圧の
治療が必要となります。

スポンサードリンク


初回限定おためしバックがございます

血圧正常値関連ページ

血圧とは
収縮期血圧,拡張期血圧,最大血圧 ,最低血圧 の説明
血圧数値と薬開始
血圧数値と薬開始時期は高血圧分類と危険因子に より決まります
高血圧治療ガイドライン2014
高血圧治療ガイドライン2014の変更点