血圧数値と薬開始

血圧数値と薬開始

血圧数値と薬開始についてですが、血圧数値が同じレベルでも
危険因子がどの位あるのかによって、リスクの分類をします。

 

危険因子とはその因子があると、心血管病の危険が増えるという
ものです。まず、高血圧は血圧数値により4つのレベルに分類
されます。
高血圧の分類

  収縮期血圧/拡張期血圧 
正常高値血圧  130〜139/85〜89 
T度高血圧  140〜159/90〜99 
U度高血圧  160〜179/100〜109 
V度高血圧  180以上/110以上 

          +
危険因子

 

@ 65才以上である
A 喫煙している
B 脂質異常症がある
C 肥満がある
D メタボリックシンドロームがある
E 50才未満で心血管病を発症した家族がいる
F 糖尿病がある
G 慢性腎疾患がある
H 臓器障害がある
I 心血管病がある

 

高血圧の分類と危険因子の有無によってリスクが4つに分けられます
↓↓

  正常高値血圧  T度高血圧   U度高血圧  V度高血圧 
危険因子がない  リスクなし  低リスク  中等リスク  高リスク 

Dに当てはまる
またはD以外の@〜
Eの中で1〜2個当てはまる 

中等リスク  中等リスク  高リスク   高リスク  

FGHIのいずれかに当てはまる
または@〜Eの中で3個以上当てはまる 

高リスク   高リスク   高リスク   高リスク  

 

血圧数値のいつくから薬を飲むのか?

 

低リスク-------------血圧を下げる生活改善を3ヶ月しても血圧が下がらないようなら
薬の服用を開始する

 

中等リスク-----------血圧を下げる生活改善を1ヶ月しても血圧が下がらないようなら
薬の服用を開始する

 

高リスク-------------直ちに薬の服用を開始する

 

この情報は日本高血圧学会の2009年ガイドラインに基づいたものです




1日1粒、高めの血圧改善習慣

詳しいページはこちら

スポンサードリンク

高血圧下げる「福辻式」(代引き)

血圧数値と薬開始関連ページ

血圧とは
収縮期血圧,拡張期血圧,最大血圧 ,最低血圧 の説明
血圧正常値
正常血圧高値で血圧を下げる生活改善をしましょう
高血圧治療ガイドライン2014
高血圧治療ガイドライン2014の変更点