高血圧治療ガイドライン2014

高血圧治療ガイドライン2014

高血圧治療ガイドライン2014が発表されました。

前回の
高血圧ガイドラインは2009年
で5年に1回改訂されています。
今回の変更点は
家庭血圧がさらに重要になり、降圧目標を「140/90未満」に変更。

 

家庭血圧計の測定回数について

 

家庭血圧計は朝夕2回測定し、1機会で2回測定の平均値をとる。

診察室で測った血圧値と異なる場合は、家庭血圧値を優先するとこに
なりました。


 

 

降圧目標は以下のようになりました

 

若年・中高年は             140/90未満
糖尿病・蛋白尿の慢性腎臓病は   130/80未満
後期高齢者は              150/90未満
脳卒中、心疾患合併は         140/90未満

 

正常高値血圧を除外

 

リスク層別で正常高値血圧を除外しました。

 

 

 

スポンサードリンク


初回限定おためしバックがございます

高血圧治療ガイドライン2014関連ページ

血圧とは
収縮期血圧,拡張期血圧,最大血圧 ,最低血圧 の説明
血圧正常値
正常血圧高値で血圧を下げる生活改善をしましょう
血圧数値と薬開始
血圧数値と薬開始時期は高血圧分類と危険因子に より決まります