高血圧治療薬

高血圧治療薬

高血圧治療薬とは血圧を下げる作用のある降圧薬の事です。 降圧薬は作用の違いにより、種類がいろいろとあります。 主な降圧薬の作用と使用上の注意、降圧薬の名前は以下です。
降圧薬の種類 降圧薬の作用  降圧薬の名前と使用上の注意 
Ca(カルシウム)拮抗薬  CaがCaチャンネルから血管の細胞 内に入ると血管が収縮します。 Ca(カルシウム)拮抗薬はCaチャンネルに結合し細胞内にCaが入るのを阻害し末梢血管や心臓の血管をゆるめて血管を拡張し、血圧を下げます  アムロジン・ノルバスク・ アテレック・ペルジピン・ アダラート・ニバジール・ コニール・ヘルベッサー等
(使用上の注意) 動悸、頭痛・ほてり・歯肉肥厚 などがでる場合がある 
アンジオテンシン変換酵素 阻害薬(ACE阻害薬とも言う 腎臓からタンパクの一種であるレニンが分泌されると、肝臓で合成されるアンジオテンシノーゲンに作用して、アンジオテンシンTができます。さらにそれがアンジオテンシン変換酵素により血中でアンジオテンシンUになります。これは強力な 血管収縮をおこします ACE阻害薬はアンジオテンシンTからUへの変換を阻害して血圧を下げます  カプトリル・レニベース・コパシル・ ロンゲス・タナトリル・コナン・ エースコール・プレランなど
(使用上の注意)  空咳が出ることがある
アンジオテンシンU受容体 拮抗薬(ARB)  アンジオテンシンU受容体拮抗薬は、 アンジオテンシンU受容体に結合して血管収縮を抑制して血圧を下げます ニューロタン・ブロプレス・ ディオバン・ミカルディス・ オルメティック・アバプロなど 
(使用上の注意)  空咳などはACE阻害薬より 少ない
利尿剤  腎臓でナトリウム・水の再吸収を抑制して循環血液量を少なくして血圧を下げます  フルイトラン・ラシックス・ ダイクロトライドなど
(使用上の注意) 低K血症 高尿酸血症・耐糖能低下など   
βブロッカー  心拍出量の低下、レニン産生低下、交感神経抑制により血圧が下がります  テノーミン・ケルロング・ミケラン・ ロプレソール・メインテート・ セロケンなど
(使用上の注意) 気管支ぜんそくの人には注意 しながら使用し、除脈の人には 使えません
αプロッカー  交感神経の末端の平滑筋α1受容体を遮断して血圧を下げます  カルデナリン・ミニプレス・ エブランチルなど
(使用上の注意) たちくらみ、めまい、動悸などが でる場合があります 

これらの降圧薬はお医者さんからの処方箋で出る薬です。
単独ででたり、作用の違う降圧薬を複数使ったりと、お医者さんが
個人個人の血圧の状況をみて使い分けています。

降圧薬も長期間飲むことが多いですが、薬代もかかりますね。
今では後発医薬品(ジェネリック医薬品)がででいますので、
薬局で確認してもらい、ジェネリック医薬品を使うと節約になります。

(すべての医薬品にジェネリックがあるわけではありません)

降圧薬を飲んでいても、血圧を下げる為の食生活や生活改善
は必要です。服薬と同時に平行して実践していってくださいね。
そうすれば、お薬の量がへったり、服用をやめる方向にいくかも
しれません。

スポンサードリンク


初回限定おためしバックがございます

高血圧治療薬関連ページ

降圧薬の配合剤
血圧(高血圧)を下げるための高血圧の薬、降圧薬の配合剤があります
高血圧 漢方
血圧(高血圧)を下げるための高血圧の薬、降圧薬や高血圧に使う漢方の説明です
高血圧随伴症状と漢方
血圧(高血圧)を下げるための高血圧の薬、高血圧随伴症状と漢方の説明