血圧と脳卒中発症率

血圧と脳卒中発症率

血圧と脳卒中発症率についてですが、日本の高血圧の患者さんの数は
4000万人と言われています。

 

収縮期血圧(上の血圧)が 140以上
拡張期血圧(下の血圧)が 90以上

 

又は、降圧剤を飲んでいる人が高血圧とされて4000万人いるという
ことです。

 

血圧が高くなると脳卒中の発症率が上がってきます。
(脳卒中とは脳出血と脳梗塞を合せたものです)

 

 

血圧と脳卒中発症率

 

 下の血圧 上の血圧  脳卒中の発症率 
80未満  かつ120未満  0.73% 
80-84  または120-129  0.89% 
85-89 または 130-139 1.25% 
90-99  または 140-159 2.38% 
100-109  または 160-179 2.38% 
110以上  180以上 6.17% 

この表は、60才以上の男女の年間の数字です。(高血圧治療ガイドライン2009から)

 

血圧が上が180、下が110ある人だと
血圧が上が120、下が80の人に比べて、約9倍も高くなります。

 

日ごろから血圧を下げて、血圧をコントロールすることが大事です。




1日1粒、高めの血圧改善習慣

詳しいページはこちら

スポンサードリンク

高血圧下げる「福辻式」(代引き)

血圧と脳卒中発症率関連ページ

高血圧放置の理由
高血圧最新情報をお届けします
桃に高血圧予防あり
高血圧最新情報、桃に高血圧予防ありをお届けします
脳卒中の確率 自分で計算
高血圧最新情報をお届けします。 脳卒中の確率を自分で計算してみよう。
生活習慣病 食べて予防
高血圧最新情報をお届けします