早朝高血圧

早朝高血圧

仮面高血圧は診察時の血圧は正常ですが、後の時間帯は血圧が高い
状態が続いています。ではどの時間帯が高いかというと、よくみられるのは
早朝に血圧が高くなっている早朝高血圧です。

 

早朝高血圧にも2つのタイプがあります。

 

夜間持続型

夜間から早朝にかけて寝ている間中、ずっと血圧が高い状態が続きます。
これは寝ている間の夜間未明からずっと血圧が高いので動脈硬化や心肥大
が進行しやすく、脳卒中や心筋梗塞の危険が増します。


早朝上昇型

寝ている夜間はさほど高くありませんが、早朝の起床時から急に血圧が高く
なります。

普通は夜は副交感神経が働いて、体はリラックス状態になるので
血圧は下がります。朝おきると交感神経が働いて、活動体制に入ります。
すると血管が収縮して血圧が高くなります。
そこに早朝血圧としてさらに血圧上昇が加わるので、脳卒中や心筋梗塞の
危険が増します。



心筋梗塞が発症しやすい時間帯は、午前6時〜10時ごろと言われています。


より危険なのは、夜間持続型です。高血圧の状態が長く続きますので心肥大
は早朝上昇型の2倍近くあるということです。

 

 

 

スポンサードリンク


初回限定おためしバックがございます

早朝高血圧関連ページ

白衣性高血圧
白衣性高血圧は家庭血圧より診察室血圧のが高い 血圧値がでます
仮面高血圧
仮面高血圧、かくれ高血圧は心肥大、臓器障害がすすみやすいです